地盤調査をするメリット|命はお金で買えない

工事

従来の方法

男女

水道料金の節約のためのさく井工事

かつて上水道が整備されるまでには、一般家庭でも井戸が使われているということがごく普通のことでした。しかし水道のほうが利便性が高いですし、生活用水としての安全面から、井戸の数は激減しています。しかし敷地面積が十分にある住まいならば、さく井工事をして井戸を備えるようにしてもいいでしょう。地価からくみ出す水は一年を通して水温が安定しているので、夏は冷たく冬は温かく感じます。本来は飲料水として利用ができるといいのですが、地価の水脈がどの程度汚染されているかの不安もあるので、避けるべきでしょう。飲料としての活用はできなくても、生活用水として幅広く使用はできます。さく井工事をして井戸水を生活の中で用いると、大幅に水道料金の節約ができるようになります。

庭の緑への水やりのための井戸を掘る

庭があったりすると樹木を植えたり、ガーデニングをすることで、その景観を楽しむことができます。しかし広い庭にまんべんなく水をいきわたらせようとすると、かなりの水量が必要になります。季節によっては定期的に雨が降るので、雨水でしのげることもあるでしょう。しかし夏場などは、かなりの水やりの必要性もあります。そこでさく井工事をすることで、庭に巻くための水に十分な井戸を掘ることができます。日本の多くの地域では、それほど深くないところに水脈があるので、ほぼ確実に井戸を作ることができます。普段は水道料金の節約を意識したものであっても、何らかの災害があった場合にはとても貴重なライフラインに様変わりするのが井戸ですから、さく井工事をする価値はとても大きなものがあります。